2015年9月23日水曜日

寸法 8寸の色々

八寸(約24cm)と言う寸法は多くの所で使われる。

8寸(約24cm) ・・ 畳目17目位
超高級な畳では、畳目2目が1寸であるので、8寸は16目になるが、この寸法の畳は滅多に見られない。
私は見た事がない。

客として座る場合、畳の縁(へり)から膝前まで、8寸。



床拝見の時、畳の縁から膝前まで、8寸。


襖や障子を開け切る時、敷居から手までの高さ、8寸。



風炉の時、風炉の敷板は、客畳の縁の延長線から8寸。
風炉の敷板の勝手付は、棚や水指の大きさにより、畳目3目~13目位に見計らって置く。



炉の時、棚の位置は、炉縁外側の延長線から8寸。
膝前の空きも畳の縁(へり)から8寸。



台子や長板も8寸。
左右は、畳中央に置くが、客付に奇数目にして1目寄せる。

炉向切の時、膝前の空きは、炉縁外側から8寸。
水指は、同じく炉縁外側から8寸。




向切 水指の位置は、炉縁外側から8寸奥に置いては、遠すぎる感じがする。
私は通常、炉釜の中心線より少し奥に水指を置いている。



このページ最下部の「ホーム」をクリックすると、私のブログのホームに飛びます。


6 件のコメント:

  1. 「8寸(約24cm) ・・ 畳目17目位
    超高級な畳では、畳目2目が1寸であるので、8寸は16目になるが、この寸法の畳は滅多に見られない。」

    本当に驚きました!
    急いで我が家の畳を測ってみましたら、16目では23センチ強しかありませんでした。
    出先の色々な畳に興味がわきます。正確な8寸の長さの細長く切った画用紙を二つ折りにして常備し、人知れずこっそり測り、いつか超高級な畳に巡り合いたいものです。
    勉強になりました。ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. 「細切りにした画用紙」には、つい笑ってしまいました。
      超高級畳に出会われましたら、どこの畳か私にも教えて下さい。

      削除
    2. 雑知識なんですが、
      高級な畳は、糸で縫ってある線の間の畳の盛り上がりが、普通畳の盛り上りより高く盛上っていますので、
      座掃(羽根)で掃く時の音が大きく出るんですよ。
      家元に行かれたら、手のひらで畳を触ってみられたら良いと思います。

      削除
  2. 盛り上がりが高いんですか。茶筅を置く時には難儀しそうですね。(汗)
    あの白鳥の片腕のような座掃で「ザッザッ」と掃かれるという音、私は一度も経験したことがありません。
    でもこの11月に小間でちょっと高級なお茶事のお誘いがありますので聴けるかも・・・。楽しみです。畳も測ってきます。

    返信削除
    返信
    1. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
  3. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除