2017年12月18日月曜日

瓢(ふくべ)炭斗

口切りの頃に好んで使われる炭斗に、瓢(ふくべ)の炭斗がある。

干瓢(かんぴょう)を作るウリ科ユウガオの実(瓢箪、ヒョウタン)の大きい物を乾かして、上部を切り取り、炭斗にした物。

夏にユウガオの実を収穫して、乾燥させ、切って炭斗に細工する頃が、丁度口切りの時期に当たったので、口切りのお茶に好んで使われたらしい。

現在では、開炉から年内位の間の炉の炭斗としてよく使われている。

ふくべの炭斗の底面は平らではないので、通常の炭斗の様に炭を決められた様に並べて組む事はない。

炭は、乱組(らんぐみ)に入れる。
炭の数や組み方に決まりはない。

一例を上げれば、
丸ギッチョを一つ横にして、向こう寄りに入れる。
それに丸ギッチョと割ギッチョを交互に立てかけて入れ、
点炭をさらに手前に掛けて入れる。
右側に丸管と割り管を並べて入れる。
胴炭を丸ギッチョと割りギッチョの上にのせる。
枝炭2本(二本立と三本立)を、先を下にして右手前の縁に掛けて管炭の上あたりに置く。
枝炭は、常の入れ方とは上下を逆にして入れる。
香合は、炭斗の中の適当な所に入れる。
羽箒・火箸・鐶・釜敷を常の様に仕組む。

炭のつぎ方は、常の炭斗と変わる事はない。




胴炭を丸ギッチョ・割りギッチョの上に乗せずに、
丸ギッチョを横にして置いた辺りに、胴炭を横にして置く事も出来る。



手付きのふくべの炭斗は、老人用として使われる。
手は縦にして用いる。

改まった口切りなどには、紙釜敷を使うこともある。

次も参照。
2014年12月30日 「紙釜敷 炉 風炉
2015年1月7日 「炭台 炭その他の配置
2015年1月7日 「炭台 炭点前 炉
2016年1月11日 「炉 長板 諸飾り 炭点前
2016年5月11日 「炉 炭点前 炭斗動かす 羽箒


このページ最下部の「ホーム」をクリックすると、私のブログのホームに飛びます。

3 件のコメント:

  1. いつも貴重なお教えをありがとうございます

    胴炭を横にして置くこともできるのですね
    勉強になりました

    炭のつぎ方ですが、最初に枕にした丸ギッチョからでよろしいでしょうか
    この場合、残りの炭がかなり崩れてしまいます
    それとも手前の丸ギッチョからの方がいいですか
    仙谷様はどのようになさいますか

    余談ですが、私も同じ香合を持っています
    萩の陶兵衛さんのもので、横向きの松ぼっくりはよく見かけますが、上からのは珍しいと思っていましたが、仙谷様とお揃いで嬉しくなりました!

    返信削除
    返信
    1. 手前の丸ギッチョからの方がやり易いのではないかと思いますね。
      よくまあ同じ香合があったものですね。
      ビックリします。
      来年も宜しくお願いします。

      削除
  2. やはり手前からの方がスムーズですね

    この度もお教え、ありがとうございました!

    来年もしっかり学んでいきたいと思っております
    どうぞよろしくお願い申し上げます

    返信削除